大阪市でおすすめの店舗デザイン・空間デザイン業者を厳選して、口コミや評判を中心に紹介しています。

【知らないと損する】店舗へ集客する4つの方法をご紹介

公開日:2021/03/01


店舗運営を成功させるには、常に集客力を上げていくことが不可欠です。ネット環境が整っている現代では、従来の集客方法以外にもさまざまな集客方法が存在します。それらを正しく利用することで、顧客一人ひとりのニーズにマッチした集客を成功させることが可能です。この記事では、効果的な集客方法を4つ詳しく紹介していきましょう。

ホームページ

店舗独自のホームページ、ブログの作成です。ホームページを作成することは、集客のみならず会社の信頼度アップにもつながります。企業情報を明示し、適宜情報を更新することは、ホームページを見に来た顧客に安心感や親近感をもったせる役割を担うのです。

方法・価格

初めての人は、無料のホームページ作成ツールを使ってみるのがおすすめです。機械が苦手な人や時間がとれない人は、専門の業者に依頼して作成するとよいでしょう。作成にかかる費用相場は幅が広いため、依頼する際は店舗のイメージに近いホームページを作成できる業者を探すことをおすすめします。

ポイント

集客を目当てとしたホームページには、インターネット検索されやすくなる仕組みが必要です。その1つとして効果的なのが、「SEO対策」でしょう。自社のホームページやブログが、インターネット検索で上位に表示されやすいように工夫することをSEO対策と呼びます。

SEO対策として、適切な内容に修正することや、ブログ記事をアップしていくことで、インターネットから店舗ホームページへと集客することが可能でしょう。しかしSEO対策には、経験と技術がいる場合もあるため、専門業者に頼むことをおすすめします。

SNS

店舗集客に有効なSNSとしてTwitter、Instagram、Facebookが挙げられます。

方法・価格

多くのSNSがアカウントも運営も無料で行えます。店舗のアカウントを作成後、各自で打ち出していきたいポイントや、日々行っていることなどを発信していきましょう。SNSを使う際に気をつけておきたいことは、マイナスなイメージになるような発信は避けることです。愚痴や特定の物事を指す表現の発信などは避け、ポジティブな内容を発信していきましょう。

ポイント

同じSNSでも、ターゲット層のニーズにあった使い方を行うことがポイントです。Twitterは、140文字の中で要点が伝わるように発信するのが効果的とされています。Instagramでは写真の美しさや加工など、見て楽しめる方法で発信する工夫をしましょう。

Facebookは日本だけでなく海外に向けても発信しやすいSNSのため、英語表記や誰がみてもわかりやすい発信の仕方を工夫してみると有効です。それぞれのSNSには特徴があるため、運営店舗がターゲットとしている顧客にあった利用方法を行ってみてください。

ポータルサイト

ぐるなびや食べログといった、さまざまな店舗を一括で検索できるサイトのことを「ポータルサイト」と呼びます。ポータルサイトは特定のテーマに興味があり、ニーズを持つ顧客が集まっているため、ホームページやSNSだけでは補えない広範囲の集客に効果的です。

方法・価格

打ち出したいポータルサイトに問い合わせ、申請する方法が一般的のようです。どのポータルサイトも月額契約が主流ですが、中には無料から始められるポータルサイトもあります。料金プランによって、ポータルサイト上で行えることが変わってくるでしょう。表示方法や予約受付内容などはもちろん、アクセス分析なども行えるため、初めて利用する人は無料のポータルサイトから登録してみるのがおすすめです。

ポイント

店舗が強みとしていることを事前に明確にしておくと集客しやすくなります。数ある店舗の中から選ぶため、強みがすぐわかる内容やキャッチフレーズを掲載しておくと、認知されやすくなるでしょう。一方、膨大な店舗が登録しているため、認知されるには時間がかかってしまいます。ポータルサイトだけでなく並行して他の集客方法を行うようにしましょう。

新聞の折り込みチラシ

新聞を取っている人に効果的で、地域密着型の集客方法です。

方法・価格

新聞への折り込みチラシは、新聞販売所に直接持ち込むか業者に依頼することで作成できます。チラシ自体は自身で作成・デザインする方法と、折り込みと一緒に業者へ依頼する方法とがあり、費用は条件によって変わるでしょう。配布する地域、部数、印刷紙の大きさ、印刷の色などが条件内容です。イメージや予算に合わせて選ぶことをおすすめします。

ポイント

配布する地域の年齢層に合わせてデザインすることが大切です。新聞を取っている客層はシニア層や家族世帯が多いため、店舗のイメージと合わせて読みやすいデザインを心がけましょう。

 

集客力を上げていくことは、店舗をさらに多くのターゲット層に認知してもらうことから始まります。集客数をあげて店舗の強みを売り出し、再び来店してもらえるように工夫することで売上アップにもつながっていくでしょう。スタッフの技術を磨くと同時に、店舗の存在を認知されるように工夫することは、店舗運営を成功させるために大切なことです。今すぐ利用できるサービスも多くありますので、利用してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

大阪市のおすすめ店舗デザイン5選

商品画像




会社名zeit株式会社StandardLUSTYdesign株式会社株式会社PROCESS5 DESIGN株式会社アッシュプランニング
特徴有能なデザイナーが責任を持って担当トータルプロデュースするワンストップサービスが強み一級建築士によるインテリアデザイン事務所コンセプトのあるクリエイティブデザインを手がけている1984年から現在までメディア掲載多数
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく