大阪市でおすすめの店舗デザイン・空間デザイン業者を厳選して、口コミや評判を中心に紹介しています。

居抜き物件を改装して店舗を作るときのコツ!デザインはどうする?

公開日:2021/02/15


飲食店を新規開業する際に、以前のテナントの設備・家具・調度などをそのまま利用するケースがあります。このような居抜き物件を利用した開業は、開業資金が削減できることから、資金面で初期費用をかけたくない人に注目されているのです。今回の記事では、居抜き物件を使うメリットやデメリット、店舗デザインの注意点について解説します。

居抜き物件を改装するメリット

居抜き物件を改装するメリットは、下記の通りです。

■スピーディーな開業が可能

できるだけ早く開業させたいという場合、居抜き物件を利用するとメリットが多数あります。同じ飲食店をしていた居抜き物件であれば、客席のレイアウトをそのままにして開業できるので、少し内装のデザインを変えたり、看板を作り変えたりするだけで開業できるでしょう。さらに、食器や備品もそのまま引き継ぎできる場合は、それらを購入する費用もおさえることができるので、開業資金として用意していた予算を、運転資金にまわすことも可能です。食器や備品をそのまま使うと店舗のイメージに合わないという場合は、買い替える必要があるかもしれません。しかし、店舗に置くインテリアや小物にこだわることで、イメージに近い雰囲気を演出することは可能です。

■開業資金が少なくてもOPEN可能

居抜き物件は、そのまま使うことができる部分が多ければ多いほど、開業資金が少なくてもOPENさせることが可能になります。運転資金は充分用意できているなら、居抜き物件で開業を考えてみるのもよいでしょう。とくに前の店舗が同じ業界であれば、変更する箇所も少なくて済みます。上手に居抜き物件を探すことができれば、最短で1~2週間という期間での開業も夢ではありません。

居抜き物件を改装するデメリット

居抜き物件を改装するデメリットは、下記の通りです。

以前のお店の評判には注意

居抜き物件を改装する場合、以前の店舗の評判は確認しておくことをおすすめします。その理由は以前の評判が悪いと、まったく違う業種の店舗をOPENさせたとしても、悪い印象が残ってしまい、客足が遠のいてしまう可能性があるからです。とくに居抜き物件は、外観や内装が大きく変化しないことが多いため、前の店舗のイメージが残りやすいといわれています。イメージを払拭させられるデザインを依頼できればよいですが、不安であれば評判の悪い店舗の物件は避けるということが最善策でしょう。

■場合によっては内装やレイアウトの変更も検討しよう

居抜き物件でも、使える部分とそうでない部分があります。とくに、イメージする店舗の形が、前の店のまま生み出せるのであれば問題ありませんが、そうでない場合は、内装やレイアウトの変更も検討が必要になるでしょう。その分費用はかかりますが、同じ飲食店なら厨房設備はそのまま使えることが多いので、ある程度は初期費用の削減につながります。ただし、早く開業させたいという場合は、内装やレイアウトの変更をすることで、予定より時間がかかってしまうかもしれません。

居抜き物件の店舗デザインを考えるときのコツ

居抜き物件の店舗デザインで気をつけたいのは、どこをそのまま活かして、どこを変えていくのかという点です。あまり費用をかけることができないなら、壁紙の変更や、看板を変えるなど、お客さんの目に留まりやすい部分から変えていくようにしましょう。

椅子やテーブルは、できればそのまま使うほうがコストをおさえることができます。イメージと違う場合は塗装するといった方法もあるので、飲食店のデザインを多数手がけている専門の会社に相談してみましょう。飲食店の店舗デザインを専門に行っている会社なら、よいアイディアを出してもらうことが期待できます。

まずは店舗のコンセプトやイメージをしっかり固めて、相談してみましょう。飲食店の改装やリニューアルOPENを数多く手がけているデザイン会社なら、より安心して依頼できますよ。どのような雰囲気を得意としているのかは、それぞれのデザイン会社で異なるので、気になるデザイン会社の施工事例もチェックしてみてくださいね。

一度スケルトンに戻すケースも

居抜き物件で開業しようとしたけれど、そのままの外観や内装だと、イメージしたものに近づけることが難しいという場合は、スケルトンに戻すケースもあるようです。その場所がどうしてもよいという場合は、居抜き物件をスケルトンに戻してから、新しい店舗に利用してもよいでしょう。しかし、もしその場所にこだわる必要がないのなら、スケルトンに戻すのか違う場所にするのか、よく検討するほうがよいでしょう。

 

居抜き物件を改装して店舗を作るコツについて紹介しました。居抜き物件は、早く店舗を開業できる、初期費用をおさえることができるという点がメリットです。デメリットもありますが、店舗デザイン会社に依頼することで、初期費用をおさえて理想の店舗を完成させることは可能です。まずは、相談してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

大阪市のおすすめ店舗デザイン5選

商品画像




会社名zeit株式会社StandardLUSTYdesign株式会社株式会社PROCESS5 DESIGN株式会社アッシュプランニング
特徴有能なデザイナーが責任を持って担当トータルプロデュースするワンストップサービスが強み一級建築士によるインテリアデザイン事務所コンセプトのあるクリエイティブデザインを手がけている1984年から現在までメディア掲載多数
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく